中学生、初めてのライブハウスはビバラで体験!親子でVIVA LA ROCK2018年に行ってきました。

中学生、初めてのライブハウスはビバラで体験!親子でVIVA LA ROCK2018年に行ってきました。

中学2年生の娘は音楽好きで、最近のお気に入りは邦ロック。
それもインディーズバンドが好きで、「ライブハウスに行きたい!」と。

中学生がライブハウスに行ってもいいのか?
終わるのは夜の9時になってしまう。

小さな場所でのライブなので、親の私(40代おばさん)がついて行くのは、なんだかそのバンドに申し訳ない。
1人でもノラない人がいると、盛り下がってしまうでしょう。
歌は娘と一緒に車で聴いているので知ってはいるけれど、若い子達と一緒に、拳を上げたり、なんてできません。

それに、娘はまだライブハウスでのマナーを知りません。

いろいろ考えて、結局ライブハウスはまだダメだと言うことにしました。
娘は残念がりましたね。

ビバラロックは、室内フェス。ライブハウスを体験できる!

娘が好きなバンドのホームページを見ていると、ゴールデンウィークにビバラロック出演決定!という文字を発見。

ビバラロックとは、ゴールデンウィークに埼玉スーパーアリーナで行われる、室内のロックフェスです。
ロックフェスと言えば、野外というイメージだったのですが、室内でも行われているんですね。

ステージは3つあって、そのうちの1つ(CAVE STAGE)が、小さなライブハウスのようになっています。
普段は、確定申告とか着物の展示会などをしている場所なのだとか。
これから、売り出していこうという若いバンドはまず、このステージがビバラデビューなんだそうです。

娘が好きなバンドも、もちろんこのステージに立ちます。
きっとフェスだったら、1人ぐらいおばさんが紛れ込んでいても誰も気にしないだろうし、
片隅で娘を見守っていればいいのでは!
ということで、家族でフェスに参戦することにしました!

ビバラロックの良かったところ

娘は好きなバンドを間近に見れて、とても興奮していました。
幼児やお年寄りも居て、私の存在も全く浮くこともなく、ゆっくりと娘を見守ることができました。

ビバラロックの良かったところは

1、音が良い!!


STAR STAGEという2万人以上が入るステージがあるのですが、スタンド席でも音がずっしりと響いて感動しました。スピーカーに工夫を凝らしているそうです。
野外だと周りの環境に配慮して音の制限がありますが、埼玉スーパーアリーナはしっかり防音されているので、ガンガン鳴らしてくれますよ。

 

2、ダイブ、サークルモッシュなどを学べる!


ビバラロックでは、ダイブやモッシュという行為を禁止していません。
なので、何も知らない中学生の娘が、大盛り上がりのアリーナーにいたら、なんの事かとビックリする事でしょう。
事前に、スタンド席でお菓子などを食べながら、ゆっくりと眺めました。
たくさんの人がステージに向かってダイブする様子、沢山のサークルが出来上がっている様子がよーく観察できます。
「これじゃ、私が呑気にあそこにいたら、怪我するわ」
「リュックとか荷物は迷惑だね」
「ヒールなんて絶対無理無理!」
「めちゃくちゃ、みんな楽しそう!!」

みんなでルールを守ることが、楽しいフェスになる条件ですね。


3、会場までのアクセスがわかりやすい。


さいたま新都心駅から徒歩3分。降りてまっすぐ行けば着いてしまいます。
さいたま新都心駅周辺には、安いビジネスホテルがあるので、そこで泊まりました。
帰りも、迷わず歩いてホテルまで行けます。

 

ビバラロック、親子で大満足でした!
小学生までなら無料ですよ。
2018年は、チケットがソールドアウトしてしまったので、早めに購入した方がいいでしょう。キャンセルサービスもしっかりしていますので、安心できます。
ゴールデンウィークは、ぜひ、親子でビバラロックを楽しんでくださいね!