押し付け合いPTAで、やってはいけないチェックリスト。

押し付け合いPTAで、やってはいけないチェックリスト。

PTA発足会にて、担当の先生から一言。

「とにかく、お母さんたち、仲良くお願いします。」


その場に居たお母さんたちがザワザワしていました。
仲良くって?仲良くないの?
そんな不安な思いで、初めて役員になってから、今年で3回目。
今年は、学級代表委員長!くじに当たった方が病気がちで断ったので、私が代わりに・・。
そんな私ですが、

「あなたの委員長の仕事は全然なってない!」

と近所でも有名なモンスター委員さんに怒られてしまいました。
すっかり私は嫌われ、会えば睨み付けられ、吠えられ・・。 辛すぎる・・・。

中には、良いPTAもあるでしょう。
でも大抵は、仕事を押し付け合い、嫌イヤ、やらされている方が殆どではないでしょうか。

「できる人が、できる時に、できることをする」

それが理想ですが、誰も何もやりたがらないPTAもあるのです。


こんなPTAは、黙って耐えて、静かに去るのが一番賢いかも・・。

なぜだか上手くいかない、女達のPTA。
PTAでよくある女性同士の感情を整理して、少しでも危険を回避していきましょう。2499b08df1151131503024f0afc36b17_s  

自分の方が仕事ができる〜風を見せてはいけない!

  言い方を控えめに。態度が大きいと嫌われる。

PTAの報告書などを読むと、「おっ、この人は仕事できそう」と思ったりすることがあります。 そういう人はどんどん意見や、提案等をしてくる。
でも、残念ながら、そういう人はなかなかPTAでは好かれません。
話している内容より、雰囲気や態度で女性は判断します。感情が先なのです。

・何、その上から目線な言い方。
・態度でかくない!?
・私たちのやり方がダメだっていうの!
・今年が優秀だと、来年以降の方が困るし。

あ〜、本当に面倒くさいですね〜。
意見を言うときは、控えめに、とにかく、腰を低くしないと嫌われます。

     Word、Excel、使えますか?さえ言ってはいけない



会議にも全然出てこない人に仕事を割り振ろうとして、文書作成できるか聞いてみましたが、返信なしでした。気分を悪くされたようです。
一緒に仕事する役員の方を観察してみましょう。パソコン使えそうですか?
若い人ではスマホしか触ったことがないという時代です。
パソコンを持たない家庭が増えました。
パソコンがあっても、Excelなどのソフトがないかもしれません。
クラウドで一緒に〜なんて勧めても、嫌な顔をされるだけ・・と言うこともありました。

又、スマホを持ってない人とのやりとりでも、注意が必要です。
私はスマホですが、格安スマホです。ガラケーの人に、キャリアメールを使えません、と言っているだけなのに、不機嫌になります。
キャリアメールを使えるガラケーの方が、料金的には高い場合が多いので、
スマホ、ガラケーに格差はもうないはずなのですが。

女性は、自分が劣ったと思うと、すぐに不機嫌になる人が多いです。
どんぐりの背比べ。恥ずかしいですね。

  相手に合わせて仕事をする方が無難



「意見を言わなきゃよかった。先生たちにまで悪く思われて、本気で転校を考えたよ
去年の役員さんが私に愚痴っていました。

うちの学校のPTAの本部は、何年も同じ人が文句や愚痴、悪口を言いながらしています。仕事もいい加減で、わざとそうしてるのか、本当にできないのかわかりませんが、毎年クレームが出ます。

仕事ができなくても、人柄によっては、皆に愛される人もいますが、
私たちがやってあげてる感がありすぎて、態度も言い方もキツイのです。
それでも、本部をしてもらってるのだからーと我慢しましたが、
1年間、本当に居心地が悪かったです。

「バザーをなくせば、楽になりませんか?」と勇気を出して提案しましたが、
子供のためだから、やりたいと言う方が多数でした。

だったら、文句言わずに、やれよ!!それが、ボランティアでしょ!!
と、思って、ずっと耐えました。

行事を減らすこともいや、クレームから学ぶこともしない。

子供のため・・。
子供のためと言われると、全て良いことだと思ってしまいがちなのも女性の特徴でしょうか。

なので、なかなか簡単には、仕事を減らしたり、無くしたりはできません。

周りに合わせて、仕事をするしかないのです。

忙しい中で、ボランティアでやっている事です。
そんなに頑張らないでいましょう。
報連相なんて、期待しない。
適当でいいのです。ただのPTAです。
仕事は、相手に合わせてあげましょう。

仕事ができない人と思われるかもしれませんが、
その方が楽な場合もあるものです。
あなたの周りの、なんともやる気のない、言われたことだけしてる委員さんも、実は、諦めた人かもしれません。

   主婦の無駄話にイライラしない



会議の半分は、おしゃべり!こんな事に有給を使いたくない!
よ〜く分かります。でも、私は暇じゃないのよオーラは禁止!です。
専業主婦の方達も好きでそうしてるわけではありません。
もちろん、おしゃべり好きもいらっしゃいますが、皆さん、その場を笑顔で乗り切っています。
保護者同士が仲良くすることも、PTAでは大切なことだと思っている方もいます。
会話の内容が退屈だったら、自分の知りたい情報などを聞いてみたりして、
有意義な時間に変えましょう。
自分の子供の周りの子の様子を知ることができて、私は近所の子供達との会話が弾むようになりました。

集団の中で、独りイライラして不機嫌な方は、少々滑稽です。
いつも仕事で出られない事で、皆さんに負担をかけて申し訳ございません。と会話の途中で話すようにしてはどうでしょうか。
何か私にできることはありませんか?の声がけも必須です。
感謝の気持ちが表れていれば、分かってくれる方もいます。
そして、礼儀正しくして、早めに退出します。

  

d0a4f0a59dc19e53f36f4282435f835c_s   

正論で返しても、相手は心を開かない

例えば、メールで送っている連絡事項をちゃんと読んでいないのに、会って説明しないあなたが悪いという。
それでは会いましょうと約束していたのに、2週間も連絡なし。
それなのに、勝手にキレて、文句ばかりで仕事はしない。
このような方とはどのように接すればよいのでしょうか?

私はつい、正論で返してしまいましたが、相手に嫌われただけでした。
正論が嫌われるのは、相手もそれが正しいと分かっているけれど、他人から言われると腹がたつものだからです。
一度怒らせてしまうと、その後、修復するのはものすごい労力と時間が必要です。
理不尽な相手だからこそ、慎重に言葉を選びましょう。

    正論で相手を責めない。逆ギレされます。

 

個人情報には神経質になりましょう

個人情報に敏感な方が増えてきました。
メールさえ教えるのが嫌で、手紙でやりとりする方もいらっしゃいます。

「ラインのグループなんて嫌だ。スタンプなんか押してこないで欲しい。うざい。」

「クラス連絡網の連絡網以外の使用はダメでしょ」

「会議の時間もみんなに見せるのはどうかな。 このお母さん、この時間にいつも居ないって分かって、防犯上よくない」

「今時、メールをccで送るなんて、非常識」

「すべて学校で物の受け渡し等をお願いします。」  (家がご近所でも)

  ptaだからと言って、相手のメールや住所、電話番号などを気軽に教えてもらえるとは思わないこと。

 

fbb1020164aa7f9345a5f3304a7f4afe_s

上から目線な態度になってしまう事に気をつける

委員長になって初めて気づいたこと。
それは、私の仕事は、謝ることだ、ということです。

みんなの意見を聞き、まとめ、責任を持つ。
失敗したら(実は失敗じゃなくても)、謝る。 誰かが謝らないとまとまらないのです。
まずは、謝れ!という人もいます。
委員長としての意見など、聞いてはもらえません。
「だったら、辞めるから!」となってしまうのがPTAの難しさです。

  それに気づくまでは、私も理不尽と思える相手にはぶつかりました。
対等な大人同士、話し合いできると思ったのです。

ですが、相手には上から目線と映ったようです。


上から目線かどうかは、その相手が決めることです。
同じことをしても、皆それぞれ反応が違います。
トラブル回避のためには、相手をよく見て、何を求めている人なのかを考えて行動しましょう。


  まずは相手を理解する。それから、自分を理解してもらう。 いつも心を静かに、対応します。


6fb987477ae070dd1a47ee773fa08ac0_s

自分の経験値を積むことだけを考えて行動する

PTAでの経験なんていらない。
そのように考えられる方は他でも色々な経験をされているのでしょう、羨ましいです。
でも、私にとっては、価値のある経験でした。

  反面教師から学べる
様々な方達と、ルールが曖昧なPTAという型の中で、仕事をしなくてはなりません。仕事を通して分かる人となり。 
じっくりと人間観察をしてみましょう。
もちろん、自分のことも客観的に見ることを忘れずに。

  ボランティア精神が身につく
お金をもらっての仕事なら割り切れるのに、 任意加入のPTAのことになるとどうしても、モヤモヤしてしまうものです。
全然平等じゃない、ずるい!と言う感情。
そんな気持ちと戦いながら、自分にとってのボランティアとはなんだろうと考えるようになりました。
子供たちが喜んでくれる姿は、とても嬉しいものです。
胸がホワ〜っと温かくなる、のは気持ちがいいです。

  あがり症克服には最適
あがり症 なのに、1分後には、みんなの前で急に発言しなければならなくなり、頭真っ白、キョドッてしまって、周りのママたちから冷笑される・・・。
そんな経験もしました。
恥をかく事に慣れると、いい感じに体の力が抜けて、うまく話せる時がある事を知りました。強制的に、場数を踏める場所です。
吃ろうが、黙ろうが、失敗しても、さほど周りに迷惑がかかるわけではありませんから、そう言う意味では、あがり症克服には最適な場所かもしれません。

  学校のことがこれまでよりも分かるようになる
先生やお母様達から普段は聞けない話を教えてもらえます。
担任以外の先生からも、我が子の様子を知ることができます。
学校に行く機会が増えるので、学校の様子が身近に感じられます。
考えてみれば、よく知らない所に、子供を何時間も預けたくはありません。
お母さんたちがいつも、どこかにいる。
そんな安心感がある学校って、子供達には良いのではと思っています。

こんな役員にはなりたくない、チェックリスト

ネット上には、PTAに関する様々なトラブルがたくさん紹介されています。
その中に登場する、ママ達をご紹介。あなたは、どれに当てはまりますか?

   口調が高圧的、タメ口すぎ、下品で見てて不快な役員。

  ちょっとでも否定されると、不機嫌な感情が顔に出る、幼さが残る役員。

  真面目すぎて、こっちが疲れる、優等生ぶる役員。

  連絡メールも、議事録も読まずに、文句だけ、仕事もしない、迷惑役員。

  なんで、あんたたちはそうなの?と、一人で勝手に呆れ顔役員。

  うん、うん、と相槌だけ、人任せ役員。

  いつも、悪口を言っている、群れたがりグループ役員。

   人の失敗が大好き、実は冷淡、裏表あり役員。

  絶対に自分の考えを曲げない、歩く正論役員。

PTAに限らず、どの組織にもいまよね。私もいくつか当てはまります。


PTAで出会う、いろいろな親たちには、共通点があります。
それは、子供が一番大切、という気持ち。
どうしても好きになれない親がいる。でも、その子供は嫌いじゃない。
我が子が成長できるのは、周りにいる子供たちのお陰でもあります。
一緒に、良い子に育ってほしいな〜、そんな思いで1年乗り切ろうと思っています。

PTAで緊張しないようにするためにはどうしたらいい?あがり症の人に読んでほしいチェックリスト