LINEモバイルにして、携帯代を大幅に下げました。

LINEモバイルにして、携帯代を大幅に下げました。
皆さんの家の毎月の携帯代は、いくらですか?
我が家は、これまで、夫、私の分が合計20,000円程もかかっていました。

それが、LINEモバイルに乗換えてから、子供二人分が増えても、現在合計8,360円ほどになりました!

我が家のように、キャリア(au,softbank,docomoなど)の通信費が高いので、格安SIMへ乗り換える人が増えました。
でも、格安SIMって不安ですよね?
それに、いろいろな設定を自分でしなくてはならないし、面倒です。

でも、少しだけ頑張ってください!
LINEモバイルのメリットと、デメリットをちゃんと理解して、携帯を使えば、これまで通り、普通に携帯のある生活を楽しめますよ!

LINEモバイルのメリット


最大のメリット、それは、

LINEモバイルならではのサービス


LINEや主要SNSのデータ通信量がゼロ!!

これにつきますね。

LINEやツイッター、Facebook、LINE MUSICのデータ通信量がカウントされません。
これ、すごくないですか!
LINE通話も画像・動画も、データ通信量を気にせず楽しめちゃいます。
私は、LINEぐらいしか使っていない主婦なので、1Gプランに入ってますが、ほとんどデータ残量が減りません。なので、家族にプレゼントしてます。

もう、LINEだけしか使ってません!という人は、月500円のワンコインプランもあります。

他にも、いいとこはありますよ。

最低利用期間が短い
最低利用期間(その期間に解約すると解約手数料が発生してしまう期間)は普通2年縛りが多いですが、LINEモバイルの場合は、1年です。少しでも短い方がいいですよね。

余ったデータをLINEモバイルを使っている、家族や友達にプレゼントできる。
家族では普通ですが、LINEのお友達にもプレゼントできちゃうんですね!楽しいです!
プレゼントの仕方も、簡単です。

 LINEの年齢認証機能・ID検索に対応
大手通信携帯キャリアで対応しているように、LINEアプリのID検索もLINEモバイルなら利用できます。SMS付きではないプランの方でもSMS登録無しでLINEのアカウントを作ることができます。

   無料で使えるフィルタリングアプリ
子供たちが、変なサイトを見たり、出会い系に関わってしまったり、知らずに高額請求されたり、長時間ネットばかりしてしまったり、というのを監視できるアプリです。
これは、絶対に必需品ですね。親の義務になっています。

   ちゃんとポイントがもらえる
月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まります。
LINEポイントをLINE Pay残高のチャージに使って、お店で買い物もできます。

格安SIMは繋がらない?遅い?そんな不安もありましたが、実際に使ってみると、
ん〜、わからないが正直なところです。
キャリアの時と全然変わらないと思っているのですが、状況によっては、何か不便になる時があるのかもしれません。
ですが、私は、1年以上使ってますが、全然問題ありません!

LINEモバイルのデメリット


LINEモバイルは、そのままだと通話が高いです。
もちろん、LINE間での、通話は無料ですし、LINE電話と固定電話間の料金が安くなるLINE Outもありますが、LINE電話は使いたくないという場合、
普通に電話をかけると、とても高くなってしまいます。
家族間で通話無料もありません。

ですが、

10分電話かけ放題オプション(月額880円)を申し込み、通話アプリ「いつでも電話」(無料)を使ってかけると、
だれとでも何度でも10分以内の電話がかけ放題になります。


10分電話かけ放題オプションに申し込まない場合は、通話アプリ「いつでも電話」(無料)を使ってかけると、10円/30秒になります。


それから、最大のデメリットは、格安SIMなので、大事なビジネスの通話は不安!


ということではないでしょうか。何があるかわからないですから、ビジネス目的の方には、通話はお勧めしません。
何かあっても、キャリアのように、顔が見える店員さんがいるわけではありません。
店員さんに全てお任せ〜という人も、LINEモバイルは不安で面倒だと思います。




家族それぞれのプランはこれです


夫の場合

LINEコミュニケーションプラン(10GB、音声通話あり)月額3,220円+10分電話かけ放題オプション月額880円で合計月額4100円。

・LINEもインスタも、ツイッターもfacebookもしたい。
・音声通話を仕事で使用している。ただし、ほとんど10分以内。
・最低10GBは欲しい。

という条件でした。

ツイッター、フェイスブック、インスタも大好き!という方はそれも、カウントフリーになるLINEコミュニケーションプランを選びましょう。
3GB~10GBの中から使いたい容量を選べて、さらにLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題なるサービスです。

LINEコミュニケーションプラン




























容量   データ+SNS データ+SNS+音声通話
3GB 月額1、110円 月額1、690円
5GB 月額1、640円 月額2、220円
7GB 月額2、300円 月額2、880円
10GB 月額2、640円 月額3、220円

これまで5GBだったのが10GBになり、月額料金も半額になりました。

電話は、仕事で使っているので、番号は変えずに乗り換えるMNP(携帯電話番号ポータビリティ)も無事にできましたよ。
私の場合

LINEフリープラン音声通話あり月額1,200円。

・外出先でsnsはLINEしか使ってない。
・時々、グーグルマップナビを使って外出。
・音声通話は時々使う。

私のように、殆ど家のwifiしか使ってません。という方は、LINEフリープランがオススメです。1GBしかありませんが、私の場合は、余るので家族にプレゼントしています。
1GB使いきってしまっても、LINEは高速で通信できるという、なんとも嬉しいプランです。

1GBってこれだけ使えます。

テキストメール (300文字)
約66,000回
ホームページ (300KB)
約3,300回
YouTube (360P)約4MB
約4時間

1GBで足りない場合は、追加購入もできます。

LINEフリープラン















データ    月額 500円
データ+SNS    月額+120円
データ+SNS+音声通話    月額+700円

私は音声通話もしたかったので、データ+SMS+音声通話のプランにしました。
番号引き継ぎ(MNP)も無事にできましたよ。
長女の場合

MUSIC ➕プラン3GBー月額1,810円+LINE MUSICオプション月額750円で合計月額2,560円です。

・SNSは全部必要。
・通話はLINE電話で十分。
・音楽聴きたい。

中学生の娘の望みを叶えてくれるプランは、 MUSICプラスプラン!
LINE MUSICに加えLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロになるプランです。

MUSIC➕プラン


下の月額料金にLINE MUSIC オプション月額750円がプラスされた金額になります。




























容量 データ+SNS データ+SNS+音声通話
3GB 月額1、810円 月額2、390円
5GB 月額2、140円 月額2、720円
7GB 月額2、700円 月額3、280円
10GB 月額2、940円 月額3、520円

次女の場合

一番安い LINEフリープラン 月額500円

・お友達の家に遊びに行くときに、LINEで私と連絡が取れれば良い。

次女の場合は、私と同じLINE フリープランのワンコン500円で十分です。

LINEフリープラン















データ    月額 500円
データ+SNS    月額+120円
データ+SNS+音声通話    月額+700円

実際に申し込んでみよう!


LINEモバイルに申し込みをする前に、準備しなけれならないことがいくつかあります。

  1. これまでの電話番号を変えずに乗り換えたい方は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の準備。

  2. これから使う携帯本体が、LINEモバイルが使えるかどうかの確認。

  3. エントリーコード、キャンペーンコードを利用するかどうかの確認。


1番目のMNPについては、乗り換え前の会社によってやり方が違います。それぞれの会社のホームページや窓口で確認しましょう。
LINEモバイルに申し込む際、MNP予約番号が必要です。私の場合は、auだったので、電話で予約番号を聞くことができました。予約番号には有効期限がありますので注意が必要です。
有効期限が過ぎてしまっても、また取得できるので再度申し込みします。(auの場合は無料でした)
MNP予約番号を聞いただけでは、解約にはなりません。その予約番号でLINEモバイルに申し込みをして、開通手続きが完了した時点で解約になります。

2番目は、これからLINEモバイルを使おうと思っている携帯本体がLINEモバイルに対応しているか確認します。
動作確認済み端末一覧のページで確認しましょう。
我が家の場合は、auのiphone4,6sからの乗り換えだったので、SIM解除という手続きが必要でした。窓口の場合は、手数料3,000円がかかりますが、ホームページからだと無料です。

この、SIM解除という手続きをしても、解約をしたことにはなりませんし、携帯が使えなくなるわけではありません。なので、契約中に手続きをしましょう。
私は契約後にしたので、ホームページからできなくなってしまい、窓口で手数料を払って解除してもらいました。

3番目の、エントリーコード、キャンペーンコードというのは、申し込みの際、コードを打ち込むことによって、必要な手数料が無料になったりするコードです。
エントリーコードは、エントリーパッケージを事前に購入することで、申し込み時に必要な登録事務手数料(3,000円)が不要となります。
この登録手数料は、様々なキャンペーンによって無料になる場合もあります。併用できない場合が多いので、どちらがお得かを考えて決めましょう。

我が家の場合、エントリーパッケージはアマゾンで買いました。

エントリーパッケージは「データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ」と
「音声通話SIMエントリーパッケージ」の2種類あります。
買う時には注意してください。
エントリーパッケージは、LINEモバイルウェブサイトからのお申し込みでのみ利用できるようです。



その他、申し込み時に必要なものは、本人確認書類です。
その場で免許証などをカメラで撮ってアップロードします。
契約は親、使う人は子供と分けられます。

申し込みページに行くと、2つの申し込み方法に分かれます。

①通常申し込み
エントリーコードをお持ちでない方
②コードを使用して申し込み
エントリーコードキャンペーンコーをお持ちの方

コードの有無によって選択してください。

後は画面どうりに進めていけば大丈夫です。
店頭での申し込みには、エントリーパッケージは使えませんので、注意してください。

LINEモバイルの設定方法


ここでは、小学生の娘用に買った携帯で説明します。

①SIMカードを挿入



端末もLINEモバイルでSIMと一緒に購入したので、端末の中にすでにSIMカードは挿入されていました。

LINEモバイルで端末を新たに買っていない方は、自分でカードを挿入します。
下記画像のSIM取り出しツールは無くさないように。
いつか、LINEモバイルより、楽天モバイルがいいわ〜という時に、SIMカードの交換が必要になるので、その時に必要です。
クリップの先でも代用できますけどね。


②APN設定をする。

APN設定とは、簡単にいうと、この携帯はLINEモバイルを使います〜という設定です。
これをしないと使えません。
難しそうですが、LINEモバイルマニュアルを見て、進めていけば、全く問題ありません。
とても簡単です。
LINEモバイルで端末を買った方は、すでにSIMが挿入されているので、APN設定もすでにされています。

③契約者連携と、利用者連携をする。

もうこれで、使えるようになっていますが、最後に、LINEモバイルの便利な機能を使うために「契約者連携」「利用者連携」の2つが必要となります。
どちらも、使っているLINEアカウントと紐づけることを意味しています。
こちらも、マニュアル通りに進めてください。

■契約者連携でできるようになること
LINE公式アカウント上でのマイページログイン
LINEポイントの付与(月額基本利用料の1%が付与されます)

■利用者連携でできるようになること
データ残量の確認機能
データプレゼント(受け取る側も設定が必要です!)



なんで、もっと早く格安SIMにしなかったのかと後悔するぐらい簡単に設定できました。
ぜひ、皆さんもチェックしてみてくださいね!!

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!